image3
先日長男が9歳の誕生日を迎えました!
3歳くらいまではものすごく長く感じた育児ですが、
最近は転がるように子供も歳をとっていく気がします。それだけ手が離れたということなのでしょうか。

しかし海外で暮らしているからぐっと成長したんじゃない?と思われる方もいるかもしれませんが。。。。面白いくらい変わらずマイペースに成長中です。


もともとこだわりと警戒心が強く、環境の変化が大の苦手で超消極的。

それはドイツでも変わらず、です。
(現地校に嫌がらず通っているのが本当に奇跡なぐらい。)



ドイツでは誕生日にクラスのみんなにケーキなどを振る舞うのが一般的なので、

クラスのみんな分、私が大量にマフィンを焼いて持たせようとしたのですが、「持ってこない子だっているの!恥ずかしいからやめて!!」と大泣きの大騒ぎ。なぜこんなことで揉めなければならないのか。。。


image1

*これが問題のマフィン。キットを使って作成しました。



結局私が担任の先生にマフィンを託して無事に配ることができました。

お迎えに行くと、満面の笑みのアユ。マフィンにみんな大喜びだったとのことで、

アユもホクホクの様子。「こんなに喜ばれるんだったら、あんなに大泣きしなきゃよかったよ〜(笑)」とアユ。
ちなみに旗を刺していたのがウケたそうです。

子供の思考ってどの国も一緒なんだなあ。



子育てしてると、私のキャパが狭くて、

未だに心が折れそうになることが結構あります。特に長男アユはかなりの頑固者なので、

「もう勝手にしろ〜」と叫びたくなることもしょっちゅうですが(てか、叫んでますが)、

子供は未熟であることを忘れずに、たくさんの経験をして自分の殻をやぶっていって

欲しいと思う私なのでした。