ついに昨日の金曜日、ドイツ語の私の試験が終わりました!
半年間、夫に子供の送りをお願いしながら、週5日でひたすら通い、育児と仕事の合間にコソコソ勉強してきた結果がついに今日の日に発揮されることに!


私が受けるのは、DTZ(Deutsch-Test für Zuwanderer)という試験。
通常のB1レベルの試験よりは少し簡単めのB1試験です。



このDTZの試験は、午前にリーディング、リスニング、そして作文(手紙を書く)が行われ、
午後からスピーキングが行われるというかなり本格的なシステムです。

緊張するのは、やはりスピーキングのテスト。


時間は20分くらいなのですが、二人1組で面接室に入り、

自己紹介、写真を一枚渡されてそれに対しての説明、そして二人1組で与えられたお題に対して会話をするというもの。お題は大抵パーティの企画などが多く、「どこでする?」「何買う?」みたいなことを語ります。


どれも緊張する内容ですが、この中で私が特に不安だったのが写真説明。

私はかなりボキャブラリーが少ないので想定問題で配られた、

あらゆるシチュエーションの写真の説明をあらかじめ考えて練習して来ました。

人がたくさん出てきて何かをしているシチュエーションが出るだろうと想定していましたが。。。。

出てきたのは、



な、なんと大きい庭付きの家が二つの写真。


2016-09-09

これといって特徴がなく、人は全くいないわ、

モノもほとんど置いていないわで全く語ることができません。(しかもモノクロ!)


これで何を語れと!?W



先生曰く、いろいろあるだろ!モダンだとか綺麗だとか、日本の家事情とか。。。などど言われましたが、人間予想外のものが来ると全くダメなものですね。。。

おかげで写真説明はグダグダでした。。。



ああ〜、1回でなんとか決めたいと思っていたけど今回は厳しいかも知れません。


かなり言い訳になってしまいますが、子育てしながら勉強というのは本当に時間がなく、

さらに子供と遊んであげる時間なども激減して家庭に負担をかけてしまっているな〜という気持ちから、私なりに相当頑張ってきたのですけどね〜 T_T



まあ、結果を悶々としながら待つことにします。



ちなみにテストが終わったからといって語学学校は今日で終了するわけではなく、

まだ2週間、ドイツの歴史などを学ぶオリエンテーションコースが残っております。



先生が「月曜も来るのよ!!」と帰りにしきりに言っておりましたが、教室はすっかり開放感に溢れ、

みんな休みそうな勢いです(笑)。