image1 のコピー 4
先日ドイツで初めて教会での結婚式に参列しました。

花嫁はなんと次男の幼稚園の園長先生!!
花嫁、花婿ともにお互い中学生くらいの娘さんがいらっしゃる再婚同士なのですが、

見ていて羨ましいくらいラブラブ!

日本だと再婚だったり、年齢が上がったりすると

「ちょっと恥ずかしいので控えめに。。。」みたいな雰囲気がありますが、

そんなことは関係なし!


さすが欧米だなあと思いました(笑)。




幼稚園のみんなで集まり、密かに練習していた歌を歌い、

保護者の寄付で買った花束とプレゼントを贈呈。

20170705

こういった場合日本だと、保護者間で「一人○円集めます」ということがほとんどだと思いますが、

ワタの幼稚園では「プレゼトを買いますのでみなさんの寄付 をおねがします。」と言って

貯金箱に各自好きな金額を入れるだけ。

こういった面でも自主性を重んじるあたりがドイツっぽいなあと思います。


ちなみにプレゼントは先生チームからは可愛いバルーンの中に50ユーロが入っているというもので、

保護者チームからはバラの花束と子どもたちの歌、

そして 「プレイモービル」というおもちゃで幼稚園をイメージして作った可愛いドールハウス。その壁は10ユーロと5ユーロがびっしり!(きっと私の5ユーロ札も その壁の一部に。。。(笑))

日本ではあまり見ないユニークな贈り物のセンスに唸りました。



私も歳なので友人の結婚ラッシュは過ぎてしまったけど(笑)、

機会があればマネしてみたいプレゼントです。




最後は花嫁と花婿が乗り込む車に向かってみんなで「Tschuss!」(バイバイ!)。


アットホームで素敵なお式でした〜。