ドイツでは段階的な緩和対策をとっていますが、今週月曜日から、ついにフィットネスクラブやカフェ、レストランが開き始めました!とは言え、全てにおいて人数制限や衛生対策に関する細かい規則があり、ほとんどが予約をしてから行くというもの。「気軽に」とは程遠いイメージです。私の行っているスポーツジムも同時に3人までしかトレーニングできないというもので、事前に電話での予約が必要とのこと。め、面倒臭い。。。思い立った時にいけるのがメリットだったのに。。。すっかり怠け癖がついてしまいなかなか電話をかけられない始末です。

そして語学学校からもお知らせが!ずっとコロナの影響で休講していたクラスが今週月曜日からついに再開というメールを見て初めて「そうだ!私、語学学校通ってたわ!」と思い出しました。週1回90分だけの会話コースだったのでもともとあまり私の生活において存在感がなかったのですが、コロナ禍の影響ですっかり私の頭の中から忘れ去られていたのです。これまた引きこもり生活に完全に慣れてしまったせいで、すっかりモチベーションも落ちてしまったのですが、お金も払ってしまったことだし行くか。。。と思い腰を上げて、本当に久々に電車に乗り中央駅近くにある語学学校へ。

やはり電車内も街も閑散としており、都会はまだまだなんとなく雰囲気が悪く、そして再開した私のクラスもなんと今日は私入れて生徒は2人だけ!(全部で14人登録されているのに)
12.05.2020
*日本人の感覚からすると話す時こそマスクだろうが!と思ってしまいますが、
欧米ではマスクをつけて話すというのは非常に失礼な行為という印象で、テレビでも政治家は
話す際はマスクを外して話しています。(勿論距離はとります)まあちょっと話す程度であれば普通にマスクですが。これは完全に文化の違いですね。。。



やはりモチベーションが落ちてしまったのか、はたまたコロナに不安を感じているのか。。。普段は2ヶ月なんてなんの代わり映えもなくあっという間に過ぎますが、コロナ禍での2ヶ月間はあまりに濃厚で世界も人々の考え方などもずいぶん変わってしまった気がします。

しかし久々に買い物以外の社会的な場に行ったので、世界がものすごく刺激的に感じてしまい家に帰るとどっと疲れが。産後1ヶ月ぶりに初めて電車に乗り、デパート内のカフェでコーヒーを飲んでものすごく感動したのを思い出しましたよ。社会が戻るにつれて人々の意識も戻ると思うし、そのうちこの刺激にも再び慣れるのでしょうが。。。社会復帰へ第一歩の本日。なんとも不思議な気持ちでした。