ドイツ、3月16日のロックダウンから約3週間が経ちました。

3月16日時点で、陽性件数が7274人でしたが、本日3月7日現在でなんと10万3717人!!!
いや〜、増えました!(汗)

08.04.2020

*1日あたりの陽性件数です

ロックダウンして最初の2週間はいままの蓄積が溜まっていたためか1日2000〜6000人増とガンガン増えていき、3月30日には7000人以上増と目が点になるような数値に!!!このままもうダメなのか、と思っていましたが、ここ4月4日、5日には1日4000件を切るようになり6日にはなんと1日あたり1000件台まで減少したのです!!!まあこれでも多いですけどね。。。

と、言うわけで、2週間であっさり結果が出るわけではなく、3週間位しないと日本でも効果がでないのではないかと予測。

と言うか日本は検査数がそもそも少ないのではっきりした数が分からないと言われておりますが、死者数に着目してみると日本はもっと多いのでは?とも考えられます。日本もドイツ同様医療先進国なため、ドイツと比較してみると。。。 ドイツが医療危機を危惧し、ロックダウンを開始した日、陽性件数7274人に対し死者数がわずか17名。現在日本は陽性件数3195名に対し死者数95名。明らかに多いです。ドイツ4
月7日には死者95名になりましたがその時点で陽性件数は2万4875人ですので、このくらいいるのでは?と言う見方もできます。(ドイツもコロナで1822名が本日の時点で亡くなりました。コロナで亡くなった世界中の方へ。ご冥福をお祈りいたします。)

しかしドイツも増加数が減ってきたはいいですが、今度はいつ社会を開始するかですよね。。。?閉めた水門をいつ開けるか。。?本当に難しい判断だと思います。(でもロックダウンあるいはそれに近い対策をしないと医療は確実にパンクしたと思うので、したこと自体は間違ってはいなかったはず。)どうやらドイツのコロナとの戦いも次のステージに入ろうとしています。

*日本の統計は私が知っているサイトからの数値でしたが「そんなに死んでいない」とのことで、コメントで教えていただいたこちらのサイトを参考にさせていただくことにします。
https://www.stopcovid19.jp/

*ドイツの統計はこちらを参考にさせて頂きました。