18.03.2020
すでに日本の皆さんのお耳にも届いているでしょうが、ヨーロッパ、コロナの拡大が凄まじく、すごいことになっております。イタリア、スペインは群を抜いていますが、ドイツもものすごい勢いで患者数が増えておりまして、3月17日16時の時点でドイツ全体で8570件確認されております。

そのため、今週より5週間学校や幼稚園が休み、仕事もリモートワーク推奨、語学学校や習い事関係の施設、教室の閉鎖、バーや居酒屋、サウナ、フィットネス、スポーツ施設等の閉鎖、イベント禁止、ショッピングセンター、大型家具屋などへの制限つき入場、レストランやお店なども18時まで、と生活にかなりの制限がつき始めました。

特に先週末の州知事の声明を受けて、「ハムスター買い」(買い占め)の波が再来。第1派はノルトラインヴェストファーレン州に数十人の患者が出た時でしたが、今回はより凄まじく、トイレットペーパーがどこに行っても全くない!(汗)そして乳製品。牛乳、ヨーグルトの棚も空っぽ。ようやく「長期保存可能牛乳」が入荷したので購入することができましたが、「1家族4リットルまで」の張り紙が。ちなみにトイレットペーパーも「1家族1パック」まででした。
しかしどうしてトイレットペーパーっていつどの時代にもこんなに買い占められてしまうのか。。。(謎)

しかしレストラン、18時までってなんか意味のない気もするんですが。。。とはいえ、全く行えないとサービス業も収入が入らないわけだし難しい問題だなと思います。

この数日、ドイツのドルトムントは天気がとてもよく、ポカポカと春の陽気が続いており、道ゆく人は笑顔で溢れています。大変な時期ではありますが、これが唯一の救いでしょうか。