14.03.2020


ついにドルトムントにもコロナ患者が出てしまいました。驚いていた矢先、今週末ついに近くの小学校でもひとり(教師)出たのです!しかもその小学校、次男ワタのサッカークラブの隣にあり、そこの生徒も多く来ていると言うことで夫が会社に伝えたら、なんと夫は次の日よりホームオフィスで働くことを命じられ、また我々ファミリーは2週間(最後にそのチームでプレーしたのが1週間前なので正式にはあと1週間)自宅軟禁になりました。明日は日本語補習校でも長男アユの小学部卒業式があったので楽しみにしていたのですが仕方ない。残念です。。。

と、そうこうしているうちに、今度はわたしの住むノルトラインベストファーレン州の全公立学校と幼稚園が明日からイースター休暇までの3週間完全に休みになってしまいました。(*漫画では「休みになるかも」でしたが、その数時間後決定の声明が出ました)その後2週間のイースターが来るので合計5週間。。。しかも日本とは違い学童も閉鎖。医療従事者や消防士などの職業の親には専用の学童を用意するとのことですが、皆が皆、ホームオフィスにはできないのでクラスのグループSMSでは親たちの叫びメッセージが飛び交いました。とりあえず火曜日までは学校を学童がわりに提供してくれるとのことで、それまでに親たちは何かしらの対策または州首相や市からの情報を待つしかありません。大変なことになりました。

いや〜、うちもすでにゾッとしています。我が家の狭いリビングにはすでにわたしの仕事デスクがあるのですが、今日からさらに夫の仕事環境も追加され、スペースが圧迫。さらに来週から子供も毎日家にいるわけで(ワタは小学校から山ほどの2週間分の宿題を持って帰ってきました。アユの学校では対応が間に合わなかったらしく無し!)、毎日日本の宿題に加え、ドイツの子供の宿題も見なきゃいけない上、家にばかりいるとグズグズすること間違いなし!でしょう(汗)

日本の学校が一足先に学校を閉鎖したのを見て大変だ!と思っていましたが、まさかドイツでもこんなことになるとは。。。そして本日出された州首相の声明によると、学校閉鎖に加え、不必要な外出を控えるようとのことなので、今後経済的にも非常に不安な状態に陥るでしょう。だんだん日も長くなり少しづつドイツも春めいてきましたが、コロナ騒動の為に人々の表情は険しくなるばかりです。