日本に比べ、プラスチック削減への取り組みに目を見張るものがあるドイツ。


まずスーパーをはじめほとんどのお店が袋が有料であるため、エコバック&買い物かごは必需品。スーパーの野菜や果物は剥き出しでカゴに積んでおり、日本のようにどれも小分けパックに入っておりません。ドイツの生鮮食品はほとんどが100グラム単位の値段であるため、カゴの中から好きな数だけミニ袋に入れて重さを測り、バーコードシールを貼ってレジでお会計をするのですが、そのミニ袋も最近有料の「エコネットバック」が登場しており、買い物に行っても大幅にナイロンやプラスチックを使用しない傾向にあります。
image1 のコピー 3
*市場でも商品の多くが量り売りです。ブルーベリーや苺はパックに入っていますが、上に蓋はついていません。


最近ではなんと「店内ノープラスチック」なるお店も出てきており、シャンプーやドリンクなどの液体ですら、自分で持ってきたボトルケースなどに入れて持ち帰るとのこと!非常に面倒にも関わらず、それなりに需要もあると言う事実にドイツの人々の環境問題への意識の高さが伺えます。


もちろん意識差は人によります。私の周りの人達を見ると「真面目で博識、思いやりのある裕福層のドイツ人」に環境を意識した買い物をする人が多く、一方「あまり社会的なことに関心がない、あまり裕福ではない層」はプラスチック商品を多用したディスカウント店で買い物をする傾向(しつこいようですがあくまで私も周りの傾向です)、そして「プラスチックを避け、有機食品店で買い物する=イケてる」と言ったトレンドもあるので、自分で敢えてこうしたお店を選び行動していると「環境に配慮して生活している自分」にテンションが上がるのも事実。つまりドイツの何がいいかって、環境意識の高い人は自分の意思しだいでいくらでもゴミやプラスチックを避けることの生活を送ることが出来るということだと思います。 一方、日本だと社会の授業で環境問題の深刻さについて学んでも、一歩社会に出ればプラスチックを避ける生活をすることは本当に難しい。。。


スーパーの生鮮食品はすでにほとんどが小分けの袋に入っているし、商品には欲しくもない謎の景品的なものがついていることもしばしば。レジでぼんやりしてると、あっという間に鉛筆や消しゴムなどの小物はミニ袋に入れられるなどしてゴミだらけになってしまいます。社会の授業で学んだことを一体どこで発揮すればいいのか!?(涙)ゴミを減らすにはリサイクルより、まずは出さないこと。そのため環境を意識した買い物をしたい場合、極端に選択肢が少ないのが日本の現状だと言わざるを得ません。


IMG_6425

ちなみに今日はお昼に子供達と近所のお店でケバブを持ち帰りしたのですが、ナイロン袋&アルミホイルに包んでもらうのをやめてもらい、代わりに持ってきたタッパーに入れてもらって持って帰りました。 もちろん自己満足な部分もあるのでエセエコロジストと言われても仕方がありませんが、それでもやはりこうした行為は気持ちいい。またこうした小さな行為を自分で選択できることに大きな自由と満足感を感じられます。