IMG_9911

ネットの普及により、海外旅行がひと昔前よりもぐっと簡単になったと前回の記事に書きましたが、英語の勉強もそうだと思います。私はずっと英語コンプレックスで大学まで一通り英語を学んできたし、何度か英会話教室にも通ったのに本当に喋れません。なぜ喋れないんだ〜!!!と悩んでいましたが、今ならすんごく分かります。とにかくインプット&アウトプットの量が足りな過ぎるのです。
IMG_1091


学校の勉強で学んでいる英語って自転車で言うと、パーツの使い方だけ教えてくれているような感じ。そして英会話教室は補助輪つけて走っている自分の隣に、講師が伴奏して、一緒に障害のない庭を走っているような感じ。でも、ネイティブの中で話すと言うことは、補助輪のない普通の自転車で予測のつかない道を自分1人で走らなければならないようなもの。自転車にたとえてみて初めて自分でも「こんな状態でスイスイ走れるわけないじゃん!」と妙に納得。

そんな中で一番伸びたのが、ドイツに来る前に半年ほどほぼ毎日20分間やった「スカイプ英会話」です。当時1万円を切る値段で毎日話せると言うのは本当に画期的で、一日たかだか20分でも本当に口が慣れてきたのです。やはり量が大切なのだなと実感しました。


しかしインプットなしで語学は向上しません。そこで便利なのがYoutube!旅行モノや料理の動画など比較的内容が簡単で興味があるもの(5分ほどの短いものがオススメ)を毎日聞くだけでもかなり耳が慣れます!ラジオ英会話や英語教材もいいのですが、逆に綺麗すぎて街の人の喋るようなリアルな喋り方は得ることができません。 (*ちなみに教材的なものなら「BBC English」がオススメです!)こう言うのを聞いていて初めて「あ〜こう言う表現って、こんな感じで言うんだ〜!」と目から鱗ならず耳から鱗なこともしばしばです。


とは言え、ドイツにいるとほとんど英語を話さないのでなかなかモチベーションが上がらないのですがね。。。
12.12.2019

夫は毎日仕事で英語を使うので来た時よりも驚くほど上達しました。う、羨ましい。。。やはり環境は大事ですよね。でもインターネットの普及で外国語の勉強が以前より独学も容易になったことは間違いないと思います。