長男アユは早いものでもう小学6年生です。この頃こちらが何かを言うとすぐに言い返したり怒ったりすることも増え、明らかに反抗期の入り口に入ったご様子。


昨日、ドイツ語のテストが返って来たのですが、それが悪かったのでそれに対して私があれやこれや話しだすと、「うるさいな!そこまで言う!?」と逆ギレ。さらに「ママのドイツ語だってさ、すっごい下手じゃん!何喋ってるか分かんないよ!」とまで言ってきたので流石にカッチーンときて、なぜか私が家を飛び出す事態に。ちなみに私の反抗期は親と喧嘩になると私が飛び出す方でしたが(まあ、大体が大したことでもないので犬を連れて近所を散歩しながらクールダウンして帰ってくるくらいです。)、出不精の長男は絶対にそれをしないので私が出て行くことに。。。

で、今はどこに行くのかと言うと、カフェ。

どんなにカッカしていても1人の時間が持てると少し心に余裕ができて自分を見つめ返せるので、「外カフェ」は狭くてすぐに顔を合わせてしまう狭いアパートに住んでいる私にとっては駆け込み所的な場所でもあります。

私が大人気ない。。。と言うのは自分でもよく分かっておりますが(汗)。


ちなみに我が家の方針としては、1日30分くらいは日本の勉強をするけど、現地校の方も普通に頑張ろうというもの。 まあ、この「普通に」というのがなかなかの曲者なのでしょう。現地校、日本の勉強ともに、子供にとってハンディがあることを理解してあげ寄り添いつつも、励ましてあげたりすればいいのでしょうが。。。難しい!!!子供との距離が近すぎるとこれが全然うまく行かない。そして自分自身にも余裕がないからこうなるのかと。

IMG_4637

昨日までハイハイだった赤ちゃんが、ある日突然立ち上がり、親はビデオ片手に感激。。。そんな感覚が、長い中だるみの子育ての中で私自身すっかり忘れていました。そう、子供は変化する生き物なのですよね。私もコーヒー片手に読書をしながら(ドイツ語をバカにされたので、久々に1冊読みきってやるぞとドイツ語の小説を購入。330ページもあるのですでにくじけそう。)カフェで自分の心を落ち着かせて作戦を練ることにします。