04.10.2019

次男ワタがお友達の誕生日会に呼ばれ、先ほど帰ってきました。

祝日ということもあり、今回はなんとお泊まり誕生日会!夕方5時ごろから集まり、朝10時にお迎えというスーパーエンジョイコースです。 私の周りでは小学校3年生〜5年生頃の学年で「お泊まり誕生日会」をする人がちらほらいて最近の誕生日会トレンドの1つのようです。普通にケーキを食べたり、食事が出される他、夜には懐中電灯を持って森を散策したり、家の大型スクリーンまたは大型テレビでポップコーン片手に映画を見たりと、まさに海外ドラマを絵に描いたようなワクワク感。子供時代に一度はそういうのやってみたかった!という人もいるのではないでしょうか。

しかし夜がどうしても騒がしくなるので1軒屋で敷地があるような家でないと難しいのも事実。今回呼ばれたお宅はなんと16人泊まりましたが(各自寝袋やエアーマットなどを持参)庭も広く呼ばれた方も呼んだ方もストレスが少ないから実現できたのでしょう。まあ、一番はホストの家族の懐の大きさですが。海外に住んでいると日々悩むこともありますが、こうして日本ではなかなか出来ない面白い経験が出来るたびに海外生活も良かったな!とプラスの要素を強く感じ、肯定要素として私の海外生活での子育ての支えにもなっています。我が家ではこんなスケールの大きいことは到底出来ないので、こうした楽しいイベントに誘ってくれる現地のお友達にはいつも感謝です!