夏のバケーションが一大イベントなドイツ。美しい海を求めて、スペインのマヨルカ島やイタリアなどに旅立つ人も多いですが、最近のトレンドとしてはドイツ国内にあるOstsee(バルト海)も人気だそう。車で行ける、子連れでも安心、海外旅行に比べて安い!などが人気の要因ですが、ドイツの夏は基本涼しいので天候に左右されることがデメリットでしょうか。Nordsee (北海)も観光地ですが、昔ながらの土産屋が多く少し古臭い印象です。(ただ北海に浮かぶ島々はリゾートアイランドで人気だそうです)
Urlaub am Ostsee


そんなドイツの海岸にゴロゴロと置かれているものといえば、Strandkorb (海岸のカゴ)と呼ばれる豪華なデッキチェア。コンパクトにまとまったタンスのようなチェアを広げると海岸にいながらにして家のリビングのような快適なソファでくつろぐことができます。外でもこの快適さを本気で求めるのがドイツ人らしい。夏はこのStrandkorbでくつろぐ人たちでいっぱい!ですが、冬は折りたたまれ、鍵をかけてちぢこまっているstrandkorb。ドイツの寒い冬の海からの風にさらされて寒さにじっと耐えているような姿を見るとなんか寂しい気持ちになります^^;