IMG_9815

先日私がポスターを描いた、長男のギムナジウム(中高学校)の夏祭りがありました。昨年参加したドイツの小学校の夏祭りは、父母の持ち寄りのケーキや軽食を販売したり、保護者運営のゲームコーナー(輪投げなど)がある牧歌的な雰囲気。

ですが今回、日本でいう高校3年生までの学生が所属するギムナジウムでの夏祭りは一体どんな感じなのかと、興味津々で言ったのですが。。ソーセージ屋台や保護者によるケーキやワッフルなどの手作りお菓子の販売、輪投げやボーリング的な子供のゲームコーナーなどは小学校とさほど変わらない感じでしたが、驚いたのはビールの販売スタンドが学校に来ていること!

IMG_9823

ドイツは移動式販売車(すぐに組み立てて本格的な店を作る)が盛んで、イベントがあれば必ず見かけるのが生ビールスタンド。今回もこれが2台も来ていました。(写真の奥のスタンドがそうです。)あとはゆる〜い感じで学生のステージライブなどがありましたが、さらに驚いたことには、プログラムを見るとこのサマーフェスト、なんと夜の9時からはDJタイムで深夜の12時までやるそうな。。。
ちなみにこのサマーフェストは自由参加なので来なくてもいいし適当に帰ってもいいのですが、なんともゆるい、と言うか自由だな、と言う印象です。

私の中学&高校は田舎の真面目な公立だったので、もし学生時代の自分が見たらこの情景に目を丸くしていたことでしょう。と言うか。。。クリスマスフェストにも驚いていましたね、私。(笑)まあ、それくらい自分の学生時代と違いすぎて衝撃的なのです。日本でも私立の自由な学校だとこんな雰囲気のところもあるかもしれません。

子供が少しづつ大きくなっていき、学校行事に参加することで時々人生で2回目の学生をしている気分になることがあります。違いが大きいのでお得な気分!