先週から恐ろしいほどの暑さが続いております。なんと本日のドルトムントは36度!はっきり言ってドイツでこの暑さはちょっと異常なレベル。ドイツは寒い国なのでみなさん寒さには強いのですが暑さには非常に弱く、寒い雪の日にサッカーの練習はあっても今日のような暑さだとあっという間に中止となります。日本の夏だとこりゃ毎日中止だな。。。

と、サッカーは熱中症の心配もあるのでまだ分かるのですが、ドイツの学校はなんと30度近くの暑さになると『暑さのために』あっさりと授業が休講になるのです。なので行ったと思ったらすぐに帰ってくるという。。。。(涙)そもそも校舎内はそんなに暑くないのに、休講する必要ある?と言いたくなるのですが。。。

26.07.2019

ただでさえ6月は5〜6日の連休がなんと2回もあり(GWが2回もあるレベル!)、しかも7月中旬から夏休みということで、授業数がすっかり減って、代わりに遠足や音楽イベントがあるなどすっかり夏休みモードであるというのに、この暑さのせいでさらに授業が激減。これでうまく授業が回るのか本当にいつも不思議です。人間、そんなに頑張りすぎなくても立派な大人になれるということなのだな。。。ヨーロッパの真面目国ドイツでこれなんで、他の国は一体どうなんだろう。。最近の若者はあまり海外に出なくなっているというけど、やはり一度は外の世界を見て価値観の違いを知るのも大事かと思います。

ちなみに我が家はクーラーも扇風機もないのですが(ドイツの一般家庭に普通クーラーはありません)、流石にこの暑さで今年こそ扇風機を買うべきがどうかちょっと悩んでおります。