ドイツでは人に声をかけられる機会が日本より多いと思います。
お年寄りが小さい子どもを見て可愛いと目を細めたり、また単に時間を聞かれたり、道を聞かれたり。。。どれもこれも些細なことばかりですが、こうした人との小さな触れ合いは気持ちよく挨拶されるだけでも、幸せな気持ちにさせてくれます。。。。ですが、ほんのごくたま〜〜〜になんですが、ちょっとめんどくさいことがあるのも事実。

先日、トラムを待っていたら、若い女性が話しかけてきました。「道でも聞くのかな?」と思いきや。。。なんだか小難しいことを話し出し、(ドイツ語なのでほどんど理解できず)「あなたはどの宗教を信じていますか?」「あなたは神を信じますか?」と30秒後にはいきなり核心へ! (電車の待ち時間を考慮してと思われる)

26.05.2019


あ。。。勧誘だ!とその時ようやく理解できたので、 「すみません。興味なくて。じゃあ」と言っても、「どこにこれから行くんですか?」「これから何をするんですか?」「仕事?」とズカズカと入ってくる!全く離れてくれる気配なし! 久々に時間ができたので、ちょっと街に行ってブラブラとするだけだったのですが、そんなこと言うとますます離れないこと間違いなしなので「とっ…友達と会うんで!」と困った顔で私がその場を離れてようやく別れることができました。早くこうすればよかった。。。


私自身、宗教の選択、信仰は個人の自由だと思っておりますが、ああやってグイグイと人のテリトリーに入ってくるのはちょっと。。。(汗)


日本でも昔、足を怪我し、びっこをひいていた時があったのですが、その状態で新宿駅を歩いていたら、突然「それは何か生まれ持った病気ですか?お若いのに何かそれは。。。」とささっと近づき、結構しつこくついてきたきたおばさんがいました。(それこそ足が痛いので振り切るのに苦労した)なんとなくそういう方って、自分の隙がある時にふと近づいてくる気がします。しかし久々に勧誘に会いました。確かに最近ちょっと疲れていたからなあ。。。


ドイツにもいわゆる新しい宗教は結構あるみたいです。街中でも色々とよく見ますよ。