タイトルの通りですが今週は恐ろしく忙しく疲れた1週間でした。

毎日朝から何かしら予定が入っていたので、どんなに夜遅くまで起きていても早く起きねばならず(ぐうたらイラストレーターですみません。。。)、子供が帰ってきたら昼ごはん(給食がある日本が羨ましい!)、そして合間に子供の学校からのプリントを読み(またこれがドイツ語なので時間がかかる)子供のサッカーや水泳の送り迎え、そしてそこから帰ってきたクタクタの子供達に日本語の勉強をいかに効率よくみるか考えながら勉強を教え、そして夜はクラスの親の集まりがあったり。。。と、子供がらみのこと中心に忙しく、全く気を抜く時間がなかったので、久々にかなりストレスがたまった1週間でした。この原稿を書いたらビールを飲むぞ!
IMG_9671
*学校からのプリントたち。ちょっと放っておくとすぐに溜まっていき、一生読みたくなくなるので
頑張ってなるべくもらったその日に読んでいます

確かに海外暮らしは楽しいですが、ドイツに来てからというもの子供の面倒を見る時間がぐっと増えました。子供との距離が近すぎて疲れる上、ドイツ語という生活面でのハンディがあるため、いつも思い浮かべるのがドラゴンボール3巻の亀仙人の修行です。そう、思い亀の甲羅を背負いながら毎日の生活をしているような感じ。。。

そんな私にとって重たい甲羅であるドイツ語。4年近く住んでいるのでかなり読み書きはできるようになりましたが、会話はまだまだ本当に苦手です。1対1ならなんとかコミュニケーションが取れても、保護者同士のレストランでの食事会でのワイワイした会話は未だほとんど理解できません。休暇の話をしていると思えば、仕事の話に変わり、その後子供の話に変わったり。。。と話しているテーマは分かるのですが、細かい描写が理解できないので、なかなか間に入れない。。。また、日本人同士ならなんとなく「あ、うん」で分かることも、文化の壁はやはり大きく、生まれ育ってきたバックグランドがここまで大きく違うと、話している内容の推測も難しいことが多いのです

とまあ、いつも言語の話になってしまう私の文章ですが、永住でないならそこまで頑張らなくても、、、と思われる方も多いのではないでしょうか。実は。。。私には母国語でない言語がペラペラと喋れる感覚は一体どんなものなのか、それを体感してみたいという強い興味があるのです。残念ながら4年近くドイツに住んで、結果まだその感覚を手に入れておりませんが、1つわかったことといえば、ドイツ語話者と生活を共にしていないと(住み込みだったり、結婚だったり、同居だったり)ペラペラへの道は非常に遠いということです。
4歳からドイツに住んでいる次男ですら、日本語の方が得意ですし、ドイツの先生の言うことも時々わからないといいます。やはり家庭内言語の威力はすごいのだな。。。

と、今週は子供の世話だけでなく、ドイツ語に触れる機会が非常に多かったのも疲れた理由かもしれません。が、言語も筋トレと同じで、ガンガン触れていると鍛えられるのも事実。なのでめげずに頑張ります!ってマゾなんでしょうか。。。私。


でもまあ、流石に今週は疲れたので、この後はビール飲んでユーチューブでも見てダラダラと過ごしたいなと思います。絵も描く気力がなかったので、代わりにシチリアの地中海の美しい海の写真を載せておきますね🧡
IMG_9468


毎日お疲れの皆様もぜひこちらの写真で癒されてくださいませ。良い週末を!(金曜のドイツの決まり挨拶)