明日からドルトムントの小学校は4連休のカーニバル休暇です。


ドイツのカーニバルはRosenmontag(ローゼンモンターク)と言われており(日本語だと謝肉祭)、イースターの復活祭まで肉(人によっては嗜好品なども)を断つのですが、その前に仮装をしてご馳走を食べてバカ騒ぎをするのです。が、実際肉を断つ人はあまりおらず、このバカ騒ぎだけが行事として残ってしまったそう。。。


カーニバルは地区によって盛り上がりが異なり、ここら辺ではケルンが非常に盛り上がるらしく、パレードも非常に華やかだそう。 ドルトムントは実はカーニバルはさほど盛り上がらない地域なのですが、今日は小学校でカーニバルパーティがあったので次男ワタも仮装をしていきました。テーマは「儲かっているイケイケのサッカー選手」。写真じゃ見えにくいですが、派手なスパンコールの防止をかぶっています。そして腕のタトゥーは、タトゥーの模様入り手袋。(日焼け防止手袋みたいなやつです)ドイツのサッカー選手はバリバリタトゥー入っておりますゆえ。。。
IMG_9135




うちの小学校は室内でワイワイと遊んで食べただけでしたが、近所の他の小学校では仮装をして「お菓子ちょうだい〜」と練り歩いていました。ノリ的には日本のハロウィンのような雰囲気です。
IMG_9138


ちなみに差別化を図るためにドイツのハロウィンはマジのホラー系。可愛い妖精ファッションやコスプレはこのカーニバルの時期にします。


ただ、この寒い時期ゆえにぬいぐるみ系が圧倒的に多いのも特徴です。