Frohe Weihnachten! (メリークリスマス!)
今年もドイツの静かな聖なる夜を感じています。。。

と、書きたいところですが、私、この冬休みは、なんと家族で日本に2年半ぶりに一時帰国してまして、今年のクリスマスは夫の実家で過ごしております。本日クリスマスイブの朝はまず義理の両親が予約していたクリスマスケーキを取りに行き、みんなでケーキを食べてお祝い。
フワフワで甘いクリームと、フレッシュなイチゴとのコンビネーションがたまらなく美味しい日本のクリスマスケーキを食べながら、「これぞ日本のクリスマスだ!」とその感覚を久々に思い出しました。

24.12.2018
IMG_8851 
 *久々の日本のクリスマスケーキ!新鮮!


店が全て閉まり、街中が静まり返るドイツのクリスマス。冷たい空気、美しいイルミネーション、生もみの木、教会の鐘の音、賛美歌。。。キリスト教徒の国だけあってドイツのクリスマスは街中に神聖な雰囲気が漂います。

が、それに比べて、日本のクリスマスイブは正反対ですね。ケーキを注文したショッピングセンターの前は、駐車場待ちの車が長蛇の列。で、中になんとか入ると、今度はどのケーキ屋もケーキの受け取りの人でまた長蛇の列。。。と、とにかく街中は大混雑でとても賑やか。
若いカップルにとっては「2人でロマンティックな夜景などを見て過ごす日」、ファミリーにとっては「予約していたクリスマスケーキ(&チキン)をみんなで食べる日」
超簡単にいうと、それが日本のクリスマスなんだと改めて感じました。


ドイツに来た1年目のクリスマスは、「本場なのになんか違う。。。寂しい。。。」と思っていたのに、日本のクリスマスを体感して今度は「こんなガヤガヤしたのクリスマスじゃない!」と思うように。

人間慣れるというのは恐ろしい。。。というか、私が染まりやすいだけなのでしょうか?(笑)