18102018


ドイツの首都ベルリン。

ベルリンと言えば、ベルリンの壁やブランデンブルグ門が有名ですよね。ドイツは中世を感じる場所が多いですが、(特に日本人がよく行くミュンヘンやノイシュバンシュタイン城、ローテンブルグなどは南ドイツです。南ドイツは特に中世の世界観が味わえます)ベルリンは、ベルリンの壁をはじめ、東ドイツ時代の博物館や戦争跡が残っているなど第二次世界対戦前後の近代の空気を感じさせる街。また、住んでいる人達も多国籍で、アーティストも多く、また街中でも英語が飛び交い、私の知っているドイツじゃない!と叫びたくなるほどモダンな街です。


IMG_8489

建物の落書きの多さにちょっと都会の怖さ?みたいなものを感じてしまいますが、公園は多くの子供で賑わい、とてもピースフルな雰囲気。ドルトムントでは、大きな庭のある家庭が多いからか公園では遊んでいる子供があまりおらず、ベルリンから引っ越してきた次男ワタと一緒だった幼稚園のママは、「どうしてこんなに公園で子供が遊んでいないの!?」と驚いていましたが、この光景を見て納得。そんな点でも都会を感じます。

IMG_8488
*ベルリンの公園
ちなみに私が入ったカフェはこちらの工事中の建物の写真。
こちらも落書きだらけでしたが、中はアートな香り漂う空間でした。
IMG_8472
*工事中のカフェ。入り口狭いが中は広かった!

日本では都会(東京近郊)に住んでいた私。
久々に東京の空気を思い出し、懐かしく思いました。

しかし春に子供らとベルリンへ行った時は疲れただけでした。大人一人だと短時間でもこんなに色々と感じることができるとは。。。感動!