現在イタリアのGradoという街で休暇中の我が家。キャンプ&コテージ中心のリゾート村のような施設におり、ロクに観光もせず(夕食を食べに行きがてら、ちょっとだけしました。港町で素敵ですよ)、毎日子供のプールに付き合って日々過ごしております(泣)。
IMG_8108
*こういうリゾート村にいます

IMG_8148
*たくさんのクルーザー、花いっぱいの街並み、旧市街、美味しいジェラート。。。
イタリアに来た〜!!!って感じでした。

さて、私たちはこの中のホテルエリアに泊まっているのですが、このリゾート村のメインはオートキャンプエリア。ドイツ語が普通に通じるくらいドイツ人旅行客が多く、皆さんキャンプ目的で来ているのですが、とにかくキャンプのクオリティが高すぎる!!!

12082018


ほとんどのキャンパーがキャンピングカーでやって来て、テントと連結させて「住んでいます」。(この表現が的確!)コンロ、テーブルといったキャンプ用品はもちろんなのですが、普通に家庭にあるような大きさのテーブルに肘掛のついた椅子、そしてかなり本格的なコンロに電子レンジやコーヒーメーカー、トースター、テレビ、DVD、扇風機などの家電!そしてちらりと覗くと、寝袋ではなく、パイプベッドで寝ている!!!もはやキャンプというより、「小さな家」です。ドイツ人は住まいを快適にするのが得意ですが、どんだけ!?

そしてそんなリッチなテントに住みながらやることと言えば、施設内のプールへ行く、海辺で昼寝、テレビ(笑)、トランプ、読書、クロスワード(笑)と、普通に家でやれそうなことばかり。旅先で美味しいものを食べて観光名所を回ることが好きなアジア人の旅行スタイルと違い、多くのヨーロッパ人はこうやって贅沢な時間を過ごすことを何よりも楽しんでいるようです。

面白そうではありますが、流石に我が家はここまでやれるガッツはないのでまず無理。ですが、家にある家具を全部外に出して月を楽しむという、子供の頃に好きだった「ばばばあちゃん」という絵本の世界がリアルに飛び出して来たみたいでちょっと感動しました。

ヨーロッパ生活はまだまだ私にとって「メルヘン」です。