IMG_7741

ドルトムントの大きな公園で「日本の桜祭り」なるものがあるとインターネットの情報で知り、行ってみることにしました。

日本人が多く住むデュッセルドルフではライン川のほとりで毎年大きな「日本デー」なる祭りがあるのですが、日本人の少ないドルトムントで日本のお祭りだなんて信じられない。。。
一体どんなクオリティなのかしら。。。かなり間違った祭りなのでは。。。と少し不安だったのですが、行ってみてビックリ。公園の美しい桜と緑の中に、いい感じにドイツの露店が建ち並びすごく素敵な光景だったのです。
テーマは「春の桜祭り」だったようで、ドイツのカフェなどのお店だけでなく、ドイツ人コミュニティによる、「囲碁サークル」や「生け花」のブースだけでなく、デュッセルドルフから太鼓のチームが演奏に来ていたり、日独協会主催の折り紙や浴衣の販売など、日本関係の露店もちらほら出ていました。
IMG_7734
「桜祭りへようこそ」の看板

派手な感じがなく、いい感じにドイツ文化と日本文化が一緒になっている光景がすごく素敵で感動。もちろん日本の花見とは違いますが、ワインやカフェ片手に桜を見ている人々を見て、こういう花見もありだなあと本当に思わせてくれました。
浴衣を嬉しそうに見ている人や、お寿司の露店(多分韓国系のお店だと思うけど)で買ったお寿司を桜の下で食べているドイツの人達の姿を見て、日本文化が意外と人気なことにビックリ。
IMG_7749
かっぱ巻き、アボカド巻き、シーチキンカルフォルニアロールの寿司弁当7ユーロ。


日本文化、愛されてるんだなと思うと、すごく嬉しかったです。