ようやくドイツに春が来たかと思ったら、今日はいきなり27度!突然夏がやって来ました。
ドイツはとにかく寒暖の差が激しく体がついていけません。。。

先日までコートを着ていた街ゆく人たちも、アイス片手にタンクトップと一気に夏に様変わり。 ドイツ人は全体的に色素が薄いので、サングラスや日焼け止めは必須ですが、日本と違い、肌はとにかく露出、日傘も全く差しません。冬の寒い時期を乗り越え、体全体で夏を謳歌してる姿は、本当に生き生きしており、見ていて清々しいほどです。

18




 さて、そんなドイツの夏ファッションといえば、こちらもシンプルで短パン&Tシャツまたはタンクトップなどが一般的。冬とは違い、派手な柄のワンピースを着ている人も結構います。
 日本人だと「腕も足も太いから短いのはちょっと。。。」という人は結構いると思いますが、老若男女、体型年齢気にせず出しまくっています。わたしも腕の太いのがコンプレックスなのですが、ドイツに来てからはあまり気にならなくなりました。

慣れって怖い。。。。



 ちなみに夏は「パイナップル柄」をよく見ます。雑貨屋にもパイナップルの置物があったり、パイナップルのポストカードがあったり。。。わたしもついつい小物を買ってしまいました。
IMG_7720

日本だったらまず買わないであろうに。。。なんかしょっちゅう見てると「いいなあ」と思ってしまうんですよね。

これまた目が慣れるって怖い。。。(笑)