ドイツにもようやく春が来て、花の美しさや小鳥のさえずりに日々幸せを感じる今日この頃。
やはり春はいい。。。じ〜ん。


ところで私の住んでいるドルトムント市は人口50万人。なかなかの中都市です。中心部は買い物ゾーンや商業施設、マンションなどが建ち並び都会ですが、ちょっと郊外に出ればかなり緑も増え、自然豊かな街並みが広がります。日本では東京近郊の大都市に住んでいた我が家ですが、正直言うと、そこに戻って都会の生活に順応できるか最近本当に心配になりつつあります。と、いうのも快適な環境に住んでいると生活リズムも安定するし、ストレスも少なく(言葉のストレスはありますが)、夫も会社から早く帰ってこれて、何より人間らしい生活が送れるのです。

03

さて、こちらのグーグルマップ、ドルトムントの都心部から約10キロ離れた場所なのですが、一目で見て、緑の多さを感じられますよね。一件一件の家の敷地も広く、大きな庭が広がっています。なのにちょっと路面電車に乗って20分行けば、買い物ゾーンがあり、都会の空気も味わえるため、かなり住みやすさは高いと思います。



 そんなことを考えながら、ふと、ドルトムント市とほぼ同じ人口50万人都市である私の故郷、愛媛県の県庁所在地松山市も見てみたくなりました。(ちなみに私は新居浜という街の出身です。)

松山市は、都会なのに緑も多く、旧城下町の趣を残した私の大好きな街なのですが、マップを見てびっくり。

17

同じように都心部から10キロ離れた場所あたりを見て見たのですが、、、確かに畑や水田などの「緑」はしっかりあるものの住宅の密集具合が半端ない。。。

せっかくの田舎なのになんだかもったいない気がしてしまいます。。。

まあ、気候の違い、文化の違いなどもあるのでドイツと日本の比較を一概にすることは出来ませんが、私自身、大学院時代は都市計画関係の研究室におり、今でも「街並み」や「まちづくり」に関して密かに強い関心を持っているので、今回思い切って書いてみました。(そっちの方面の仕事に就きたい時代もありましたが、都市計画はかなり権力のある人たちの大きな見えない色々な力が働いているので(笑)、一個人が思って、動かすにはかなり難しい分野でもあります。)


 広々した家や庭は手入れも大変ですが、キツキツで住んでいる生活より、やはりリラックスできる環境であることは間違いなく、ドイツやオランダ、オーストリアなどの住環境はやはり素晴らしいと肌で感じています。


しかしグーグルマップって本当にすごい。眺めているだけで世界旅行した気分にもなれるし。。。
これだけで子供の自由研究とかも出来てしまうんではないでしょうか?

すごい時代です。