とうとう新学期!4月になりましたね!
遠く離れたドイツの自宅のPCから、フェイスブックの画像などでも
日本のたくさんの桜の写真を見ている私。
今年は見れないな=とガッカリしていたのですが。。。

image1 2

ドイツでも桜が咲いてるやん!
しかも結構あちこちで咲いてるのです。
品種はソメイヨシノに似ていますが、ちょと違う。。。

image2 2


でも、黄色い水仙の花の真上に咲くピンクの桜はとても美しく、春が来た〜!と
ぱああ〜と明るい気分にさせてくれます。
しかし、日本だと、この時期満開の桜を見ては、その美しさに感動するとともに散ってしまうのが悲しい〜!とセンチメンタルな気持ちにもなりましたが、ドイツの桜にはそれをあまり感じません。すごく似ている品種なのに、なぜでしょう?

ドイツでは出会いと別れの季節でないから?(州によって違いますが、ドイツの始業式は8月です)
やはり日本であの時期に見る桜は別格ですね。