2月。日本ではバレンタインと恵方巻きで賑わう季節ですが、
ドイツの2月といえばズバリ、カーニバル!

 今年の2月13日の月曜日は、ドイツではローゼンモンターク(Rosenmontag)と呼ばれる日で、仮装をした人々や盛大なカーニバルで盛り上がる日です。
実はドルトムントはあまり派手ではないので盛り上がるのは月曜日くらいだけなのですが、この辺ではケルンやデュッセルドルフがとても派手だそうで、ケルンではこの1週間くらい仮装の人々で溢れているそう。 小学校はこの月曜日は休みになるため、金曜日に学校でパーティが行われました。この日は授業は全くなく、仮装をして、食べ物を持ち寄りブッフェパーティやゲームで盛り上がる楽しい日。


長男次男とも「去年と同じでいいよ」ということで、長男はサメの海賊?、次男は警察でした。
IMG_7472

IMG_7477

みんなどんな格好なのか見てみると。。。海賊や妖精といった定番系から、「リアルなおばあさん」だとか「ウェディングドレス」(男子でタキシードの子もいて結婚式状態)の子までいて本気度の高さに驚きました。

ハリーポッターとかチアガールの子とか似合いすぎなんですけど!(笑)


 ちなみに持ち寄りの食事、長男はスナックでしたが、次男は「お菓子でないちゃんとした食事を持ってくること」という決まりだったため、例によってまたまたお寿司を。
IMG_7476
子供が食べやすいように卵中心でカニカマ、スモークサーモンなどを入れました。

子供からはあまりウケが良くないお寿司ですが、先生からは大ウケ。ドイツでも大人には大人気なお寿司です。