ドイツの小学生は日本の小学生に比べて随分とのんびりしている気がします。日本でも田舎はまだのんびりしているかもしれませんが、都会の小学生は中学年くらいから塾通いに忙しい子が多いと聞きました。

ドイツにも塾はあります。
が、日本に比べてはるかに少なく、小学生で塾に通っている子をほとんど聞きません。

塾を利用し始めるのは主に小学生を卒業して、ギムナジウム等の進学校に通っている子どもたち。ギムナジムはググッと難しくなるため、ついていけなくなる子も結構いるとか。

ちなみにドイツでは塾よりもNachhilfelehrerin(家庭教師)を雇って自宅に来てもらう方が人気なよう。日本でイメージする家庭教師は高いイメージがありますが、ドイツだと、塾と値段も変わらず(人によってはぐっと安い!)、マンツーマンで融通が効く点で人気があるようです。

我が家では私たちがドイツ語を教えられないという理由で週に一度、家庭教師の先生に来てもらってますが、当初は子どもがその先生に馴染まず(今は大好きなのですが)、近所の学習塾と公文式(なんと日本の公文です!ドルトムントでの内容はドイツ版算数とドイツ版英語がある)に話を聞きに行ったことがありました。
その時の学習塾の先生があまりにスパルタちっくで、子供もビビりまくり(笑)。こんなスパルタ系、ドイツにいるんだ!と驚きました。どう考えても今の家庭教師の先生の方がいいよな。。。と確信したのですが、鼻息も荒く、断るのに一苦労。日本同様、こういう説明を聞きに行くと大抵電話で「どうでした?ウチに決めた?」とかかってくるのでそれがプレッシャー。しかも先方が納得できる答えを言わないとなかなか切ってくれない。。。

06

例えば、

相手:『どうですか?ウチに決めましたか?』

私:『えっ!?え〜と、、、、う〜ん。(汗)
   夫も反対するのでやめました』

相手:『。。。? でもお子さんはドイツ語ができないのが問題でしょ?』(『夫が反対するのでやめる』という理由に納得いかない)

私:『う〜ん。。あ!(そうだ)子どもがグループレッスンを嫌がって。家庭教師ならやると言ってます。なので家庭教師に子供は教えてもらうことにします!』

相手:『なるほど!ああ、了解。』

というワケで、納得が得られる答えをもらうと意外とあっさり引き下がるのがドイツ人。ある意味その子のことを考えてくれているような。。。

こういう電話の対応、いいドイツ語の勉強にはなるのですがね。トホホ。