ズバリ、ドイツ女子はあまりオサレではありません。

普段着ではフェミニン系よりもパンツスタイルのハード系が圧倒的に多く、服装はいつも似た感じ。

ジーンズや黒パンツにTシャツ、寒い日はジージャンや革ジャンを羽織り、リュックサック、というファッションの学生をよく見かけます。

ワンピースなどを着る時も非常にラフで、ストッキングやスパッツなどはほとんど履かず足元はスニーカー、上も羽織りものなし!というザ、欧米スタイル。
そんな超シンプルスタイルですが、スタイルの良さと華やかな目の色や髪の色のせいか、
妙にカッコよく見える不思議。。。

くうう、うらやましいぜ、ドイツ女子!

ちなみに最近よくシフトで入ってきてる若い先生が、いかにもザ、ドイツ女子って感じなのでイラスト化してみました。

2017

保護者と話すときでもジーパンに片手を突っ込んでラフに話す姿などは日本では考えられないですよね!でもこれがこっちではあまりに普通なのだから私もすっかり慣れてしまいました(笑)。 ちなみにこちら普通に勤務中のファッション。

ドイツの幼稚園の先生は「子どもと遊ぶ」ことはほとんどせず、基本「見守る」人なので、こう言った普通のファッションでも大丈夫なんでしょう。