環境先進国のイメージが強いドイツですが、事実、ドイツでは瓶やペットボトルのリサイクルがとても盛んです。それは、国民がとてもリサイクルに熱心だから。。。

というワケではなく、

お金が返ってくるから!。。。かと。

ドイツではスーパーなどに行くと、このようなリサイクルマシーンが置いてあり、自宅で空になったペットボトルや瓶、缶を持ってきてポンポンと入れていきます。最後にボタンを押してレシートを受け取り、レジに通せばお金が戻ってくるシステムです。

image1
ちなみにドイツでは、ビールはほとんどが瓶ビールなので、Getränkemarkt(酒屋さんみたいな感じ)でケースごと買って飲み終えたら、そのままケースごと返しに行き、デポジット代をもらいます。私が子供の頃は、酒屋さんが自宅に瓶ビールをケースで配達&回収してくれていましたが、それを自分でやる、といった感じでしょうか。

ちなみにお祭りの屋台などで飲む生ビールのグラスも、ほとんどがデポジットシステム。お金が返ってくるので皆さん酔ってもきっちり返しています。
日本ではこういう場合紙コップが一般的ですが、リサイクルを考えるとグラスの方がいいですよね。しかも、グラスの方が生ビールは美味しく感じます(笑)。

このようにデポジットがとても盛んなドイツ。
値段もペットボトルで20セント程度、ビール瓶で8セント程度、とそんなに高いわけでもないのですが、やはり返ってくると思うと捨てられない!
ドイツは街中には至る所にゴミ箱があるのですが、飲み終えたペットボトルでもそこに捨てずに、ついつい持って帰ってしまいます。

確実に人の心も行動も動かすデポジットシステム(笑)。
日本でも導入されればいいのになあ、と思います。