ドイツの園児は一体お昼になにを食べているの?

違う国のお昼ご飯ってちょっと気になりますよね?

ドイツは幼稚園によって様々です。


給食があるところもありますし、お弁当持参のところもあります。また14時までの保育時間にもかかわらず、お弁当がない園も!(その場合、「フルーストック」(=朝食)と呼ばれる軽食を午前中に食べるそうですが…お腹すくよね???)


次男ワタの通う幼稚園はお弁当持参の園。そして「フルーストック」も必要な園でもあるので、毎朝2つのお弁当を持参しています。


ええ!?ふたつも!? 大変じゃない!?


…と思われた皆さん!


いえいえいえ!!!



じゃん!絵の通り、ドイツは「THE. 素材そのまま弁当」です(笑)。




慣らし保育の期間に興味たっぷりでみんなのお弁当を覗いたのですが、食パンにチーズやハムを挟んだだけのサンドイッチやソーセージ(カットすらしていない!)、

果物やゆで卵など「素材そのまま」の、ラクチン弁当!


たまに「カットしたキュウリぎっしりジップロック弁当」なんて子もいます(笑)。


最初ふたつも用意するのか=。。。と、
不安たっぷりでしたが、
詰めるだけなので、全く問題無し!
私も郷に入っては郷に従え、で、ドイツ弁当にしています。
(本当は日本式のお弁当を作ろうかと思いましたが、持ってきたお弁当はすぐに冷蔵庫に入れる決まりなので温かい日本のお弁当はウチの園には向きません。。。)
毎日所要時間10分以内でふたつのお弁当が完成!

ちなみに私はなるべくお弁当は見栄え良く詰めるようにしている方ですが、他の方は全く気にしていないようで。。。(笑)。


食べるときはみんなお皿にうつして食べるように指導されているので、お弁当箱はあくまで「持ち運びできる箱」という存在のようです。


と、いうワケで私は声を大にしていいたい!!


弁当作りでお悩みの日本のママたち!

「私手抜きだから…」と自信を持てないママたち!


いえいえ。日本人のお弁当は本当に素敵です。

むしろ凝りすぎですよ!(笑)

自信もってください~~!!!(私が言うなって感じだけど…)


そしてこの数年でこのラクチン弁当にすっかり慣れてしまって、
帰国してから凝った日本式弁当が作れない気がして怖い私なのでした(笑)。



ちなみにウチはこんな感じ。

載せるほどの写真じゃありませんがW





ちなみにこちらはたまに作る日本風弁当。

週末に日本人学校に通うための車中(電車)で食べたりしています。

地味弁です(笑)。