10月に幼稚園が決まり、5日より慣らし保育の始まった次男ワタ。
ドイツの幼稚園はだいたいどこも日本の幼稚園に比べぐっと規模も小さいらしく、ワタの通い出した幼稚園も「3~6歳児クラス」が12名くらい、(と、それとは別に2歳児クラスがあり)全部で2クラスと、とてもアットホーム。

年中、年長などのクラス分けもありません。


そんなウチの園では、給食はないので各自お弁当は持参するのですが、

飲み物は園で「お水かフレーバーテイ」を用意してくれます。


が、出されたこのお水…、なんと 炭酸水!!!


炭酸水が飲めないワタは一口飲んだ途端、ビックリ。






そう、ドイツで「水」とは炭酸水のことを指すので、レストランでも「炭酸抜きの水」と言わないと、普通のお水は出てこないのですが…、まさか幼稚園児もフツーに炭酸水が飲めるとは!!
と、いうか、2歳児もごくごく飲んでいることに驚きです。


ちなみにフレーバーティもどうも好みでないらしく、結局園の飲み物からつまづいておりました。

かわいそうだな~と思いつつも、実はコーラとファンタが大好きなワタ。


なぜ飲めない。。。?(笑)