来年度小学生になる次男ワタ。


先日小学校での面接が無事に終わったと思ったら、
今度はなんと保健所での健康&学力身体能力テストが!


こちらは小学校の面接後に役所から手紙が届き、指定の日時に保健所に行くというもの。
一体何をするのか!?とドキドキしながらワタを連れ、保健所(Gesundheitsamt)へ。

まずは受付で家で記入してきた書類のチェックと予防接種のチェックなど。
予防接種はほとんど日本で受けていたので日本での母子手帳を持参してチェックしてもらいました。
日本語の下に英語でちらっと書いているので問題なくクリア。(スバラシイ!)
母子手帳ってどこに行っても重要なんですねえ。


次に名前が呼ばれ別室へ。聴力視力検査、体重検査、簡単な図形を描く能力試験などが行われます。
こちらもなんとかクリア。 そしてさらに最終部屋へ。両足を揃えてラインをピョンピョン超える身体能力テスト(?)をし、これで無事終了〜!と思いきや、、、学力能力検査(?)テストです。 絵の中の間違い探し問題などはなんとかクリアしたものの、問題はここから!


「はいこのリンゴはどこにあるかな?」

と机の上にリンゴのある絵を見せられ固まるワタ。

「オ、、Oben(オーベン 上)?」と答えるものの

「auf dem Tischね。」と役所の方。

き、来た!前置詞問題や〜!!!!(汗)

しまった!ワタ、こんなの全く知らないと思う!!!


 予想通り、机の下にあるリンゴ、サッカーゴールの横にあるボール、
木と木の間にあるバナナの絵などが登場。当然答えられずでしたが、
役所の方が前置詞について優しく教えてくれました。

ちなみにドイツ語の前置詞は相当難しく、語学学校でかなりの時間を割いて勉強した覚えが。
1208

*auf dem Tisch は英語だとon the table の意味なのですが、「私がリンゴを机の上に置く」と動作になると auf den Tisch となるのです!しかもTischは男性名詞なのですが女性名詞、中性名詞ではまた形が変わるというもの!(って、ドイツ語やったことない人にこの説明は意味不明ですよね。。。。)

そしてさらにテストは続き、
「はい、木が1本でなんていうかな?こっちは2本あるけどなんていうかな?」という問いに、
ワタは明らかに「?」という顔。

 な、なんと!次は複数形かあ〜!!!

 *そう、この複数形もドイツ語は非常に難しく。。。(長くなるので割愛します。)

と言うワケで、前置詞、複数形はほぼ全滅のワタ。
ハハ、やや涙目。。。


 が、 「大丈夫!まだ半年あるし、これから学ぶから大丈夫よ!
小学校には『問題ないから来年度学校に通えますよ』、という手紙も出しておくから。
では楽しいスクールライフをね!」と役所のお方。

明るく見送られ、どうやら本日は無事に終了。

え!?これでオッケイなの? 

よくわからないですが、
とりあえず「しゃべるのは苦手ですが、問題なし」だそうなので無事に小学生になれそうです。



はー、ヤレヤレ。 まだまだ小学生になるには試練もありそうですが、
親子でひと山越えてホっとした入学前健診でした。