我が家がドイツに来てから格段にしなくなったこと、

それはー 。。。ズバリ外食!


日本のように便利で比較的安く美味しいお店が少ない、というのがズバリ理由です。
(いや、美味しいお店もあるのですよ。。。)


 ドイツの飲食店といえば、ドイツ料理のお店以外に多いのが、イタリアンとケバブ屋さん。
ケバブ屋さんはファーストフードに近く、その場でサクっと作ってくれてチップなしてすぐにイートインコーナーで食べれるため、結構便利な存在です。 しかし、ちゃんとしたレストランとなると、まずは飲み物をオーダーし、のんびり食事を待ち、テーブルでお会計。

時間がかかる上、結構な額がいってしまうので気軽に入りにくいのです。

そして日本のファミレスのように「お子様メニュー」がどこにでもあるわけでないことも理由です。



とはいえ、ドイツでもそれなりに「お子様ミール」なるものが存在します。が、、、

これがまたどこのお店に行ってもほぼ同じ内容。
1206




大量のポテトにチキンナゲットやソーセージ、フィッシュナゲットというセットかスパゲッティボロネーゼのセットがほとんどで、 添え野菜すらありません。 ボロネーゼはまだヘルシー(?)な気がするのですが、ウチの子らが食べるのは毎回チキンナゲットセットのみ。

 毎回このセットに6ユーロとか7ユーロとか出すのかあ、、、と思うと一気にモチベーションが下がり、「ちょっと我慢して家でなんか食べたほうがよっぽどヘルシーで美味しいよなあ」と思ってしまうのです。

日本にいたときはズルズル外食ばかりしていてお金を浪費していましたが、こちらに来てからおかげでずいぶん外食費が減り節約になりましたよ。

しかし食生活は意識しないとほとんど野菜を食べなくなってしまうので大変です。

 食生活についてはまた別の機会にでも♪